1月13日(無料)まほろばセミナー 食の安全を科学する

令和元年度まほろばセミナー 人生100年時代の心の健康作り
第5回 食の安全を科学する

食品は、私たちの生命活動を営んでいくうえで必要不可欠の物質です。
一方、食品の摂取からは、時として食中毒といわれる健康被害を生じることもまた事実です。食中毒は、今日でも新聞の紙面をにぎわすように比較的高頻度に発生し届けられただけでも毎年数万人規模での患者が発生しています。
本セミナーでは、
・食中毒の概要
・中毒と解毒
・食中毒のリスク管理
・化学物質の基準値設定の論理
などを紹介し、食の安全を確保するための参考としていただきたいと思います。

講師 吉村悦郎 先生
放送大学教授
1973年東京大学卒業。1978年東京大学大学院修了(農学博士)。
東京大学助教授、教授を経て、2016年東京大学名誉教授。
専門は生物無機化学、栄養学、分析化学。
著書:
『食と健康』(共著、放送大学教育振興会2018年)、
『基礎生物無機化学』(単著、丸善2014年)、
『分析化学用語辞典』(分担丸善2011年)、
『分析化学便覧』(分担、丸善2011年)、
『Detoxification of heavy metals』(Springer、2011年)、
『食の安全科学の展開―食のリスク予測と制御に向けて』(分担、シーエムシー出版2010年)など。

日時 令和2年1月13日(月) 10:00-12:00
場所 千葉県福祉ふれあいプラザ7階研修室
受講料 無料
定員 60名(申込受付順)
主催 NPO法人ACOBA
後援 我孫子市
問い合わせ・お申込み先
NPO法人ACOBAいきいき生活倶楽部まほろば
TEL04-7189-9701 FAX04-7185-2241