地域防災サポーター養成講座 第1回 第2回 開催報告

千葉県元気高齢者の活躍サポート事業

ACOBAのオリジナル企画  

この事業は千葉県の「元気高齢者の活躍サポート事業」にACOBAが応募して採択されたもので、2021年1月6日と11日に開催された。(残る第3回は2月2日実施予定)。

元気な高齢者を対象とした生活支援サービス等の担い手養成事業で他の地域では高齢者の移動支援や、見守り、家事援助、介護予防の取り組み等を担う人材の養成事業を行っている中、ACOBAでは昨今の異常気象で増えている災害にスポットを当ててこの講座を企画した。

予備知識があるとないとでは、いざというときの行動に大きな差が出る。住民が自分たちでできることを確認していただき、いつやってくるかわからない災害に備え、3日間の講座内容を地域で大いに役立てていただきたい。

講師には下記のような、防災分野では著名な講師を迎えることができ、

大変貴重で充実した講義を受けることができた。  

矢野良明氏(NPO法人千葉県防災士会理事、気象防災アドバイザー(国土交通所為大臣委嘱))

高野甲子雄氏(原子力安全研究協会 放射線災害医療研究所 副所長)

北見英司氏(千葉県災害対策コーディネーター)

河上徹夫氏(我孫子市災害救援ボランティアネット会長)

藤岡兼一氏(特定非営利活動法人KIKI理事長、障碍者グループホームOhana管理者、東我孫子区自治会防災会副会長)

青木 信夫氏(防災コミュニティネットワーク代表、防災士)

実験や起震車体験なども盛り込み、会場での講座をZOOMウェビナーで同時配信するという初めての試みのため、スタッフは暮れからの事前準備・テストを何度も何度も重ね本番にこぎつけた。

まだまだ不慣れな点も多いが、次第にノウハウも身についてきて成長できている実感がある。