【NPO法】ACOBA_TOP ★あびこのCB★一覧 先進的なCB紹介一覧 CB推進者21名の紹介一覧

★あびこのCB★

 オリンダを我孫子の特産品に … あびこオリンダの会


 「我孫子・男の井戸端サロン」有志メンバーが、「市民活動元気づくり」事業プロジェクトをさらに発展させるため「あびこオリンダの会」を設立しました。我孫子の特産品を創出し、地産地消で産業の活性化を図ることを目指しています。真っ赤な健康野菜オリンダに夢をたくし、コミュニティビジネスに挑戦しています。       《画像提供:あびこオリンダの会》






オリンダ
オリンダの実


オリンダ
オリンダのポット苗・・大きく育つんだよ


オリンダ
ハウス内での作業


「市民活動元気づくり」事業から出発した「あびこオリンダの会」

 2003年度から「千葉県NPO活動推進指針」に基づいて実施された「NPO主体の新たなまちづくり事業」として我孫子市では「市民活動元気づくり事業」を行った。定年男性の生きがいづくりりを目的とする会「我孫子・男の井戸端サロン」が応募した「我孫子の特産品創出と産業活性化を図る事業」が採択された。

 会の元メンバーの紹介により会員が福島県会津高原の昭和村を訪問したのがオリンダ事業のきっかけだった。昭和村が村興しの一つとして「オリンダ」の栽培に力を入れているのを見て、我孫子でもオリンダの栽培ができないかと考えた。オリンダの苗を昭和村に発注し試験的に栽培をした。

 2004年から我孫子の農家の協力をえて実証栽培(ビニ−ルハウス)開始。朝市でのテスト販売、アンケート実施、料理・栽培講習会などを開き、オリンダの生産と流通の普及活動を始めた。

 「市民活動元気づくり事業」は2005年に終了したが、プロジェクトの精神を引き継ぎ、実行活動に適合できる専門的な組織に移行するため「あびこオリンダの会」を設立。現在は「我孫子市公募補助金」を得て事業を継続し会の基盤作りを進めている。
 
 会と蟇会津昭和村振興公社との交流は続き、苗の供給、生産技術、料理・販売の指導、加工品の供給など多岐に渡り協力を受けている。

会の事業にはまだ公的補助金を必要としており、ビジネスとしての本格的スタートはこれから。オリンダの商品化には、栽培農家を増やし生鮮品の安定供給が欠かせず、消費・流通拡大活動の課題も多い。有志による男性達のオリンダでのまちの活性化事業は続く。





オリンダの紹介
 
 南瓜に似た形の真紅で肉厚のパプリカです。ハンガリーのセンティシュ社の種子により、国内で蟇会津昭和村振興公社の商標登録のもと生産販売されています。

パリッとした歯ごたえがあり、口に広がるみずみずしさ、気品のある香りとほのかな甘味が特徴。 ビタミンやミネラル等の栄養素が豊富で、サラダ・マリネ・シチュウ・てんぷら・炒め物などに向いています。


 
栽培は試行錯誤の連続

 寒さ、暑さに弱いオリンダは、春・夏の温度管理が難しく、また減農薬で栽培するため病虫害対策が大切、試験栽培は試行錯誤の連続だった。市内2戸の農家の協力を得て、ビニ−ルハウスでの減農薬・有機栽培を行うようになり栽培技術が向上した。

 どちらかといえば栽培管理の難しい作物だが、温度管理(マルチ・散水)・害虫対策をしっかりおこなえば誰でも栽培可能。苗は遅霜の心配が無くなる4月下旬を目安にを配布し、市内の家庭菜園でもおいしいオリンダが収穫されている。


生産・販売・普及活動


生産拡大活動

我孫子農業青壮年会議の栽培協力
市内農家での栽培
家庭菜園に苗の配布、栽培指導

栽培講習会・・市内の農家、市民を対象に蟇会津昭和村振興公社の協力で実施 

流通促進活動

市内のス−パ−、朝市、蟇会津昭和村振興公社等での販売

学校給食に使用の働きかけ・・学校給食の栄養士を対象に「オリンダ」料理の講習会の開催

普及事業活動

市内レストランに提供し創作レシピの作成依頼
市民を対象に「オリンダ」の料理教室開催・創作レシピの開発



オリンダ
南瓜のような、トマトのような・・左が完熟オリンダ

オリンダ
オリンダ加工品




オリンダ
朝市での販売



オリンダ
栽培講習会



概 要

名称
あびこオリンダの会
住所 〒270-1175 千葉県我孫子市青山台4-20-12
TEL&FAX 04- 7184-4072
Mail abikoshimizu@ybb.ne.jp
URL http://www.geocities.jp/orinda0403/
設立年 2004 年
代表者 清水三芳

【NPO法】ACOBA_TOP ★あびこのCB★一覧 先進的なCB紹介一覧 CB推進者21名の紹介一覧
 |Copyright (C) 【NPO法人】ACOBA. All Rights Reserved. |