【NPO法】ACOBA_TOP ★あびこのCB★一覧 先進的なCB紹介一覧 CB推進者21名の紹介一覧


ACOBA 山形交流ツアー報告 曽綮鎧圓龍働のまちづくりを視察〜



 6月21日、ACOBA交流事業部主催の第2回交流ツアー一行25名は、小雨模様のなか山形に向かいました。さくらんぼ狩りと森林浴など、山形の味覚と自然を大いに楽しんだ3日間の旅でした。同時に観光に力を入れる上山市のまちづくりと、米沢市の福祉コミュニティビジネスもしっかり勉強してきました。



上山市
上山市のまちづくりを聞く

上山市
研修会場前でまちづくり塾生と記念撮影

上山市
上山市まちづくりセンター「ござってえ」

上山市
センターの機能
まちづくり活動の拠点、まちなか観光案内所、
市民の寄り合いの場、地場産品直売所・・・

 上山市まちづくり塾長はじめ主要メンバーの皆さんが、ACOBAの視察研修参加者を迎えてくれました。上山市働く婦人の家で、上山市のまちづくりとまちづくり塾の活動経過、幾つかのまちづくりプロジェクトの説明と質疑応答があり、そのあとは全員でまち歩きをしました。

 まちづくりセンター、武家屋敷通りなど、説明をうけたばかりの具体的なまちづくりの様子を目で見ることができました。以下は、この日得た上山市まちづくり情報です。

協働のまちづくり推進

 上山市は人口3万6千人で、城下町、温泉町、観光の町である。市の大きな事業に協働のまちづくり推進事業があり、まちづくりセンターとまちづくり塾、まちづくり推進委員会が中心的役割を果たしている。

上山まちづくり塾

 まちづくりを活動しながら考えようをコンセプトに2001年設立。初代塾長は地域環境研究のコンサルタント、約50名の塾生の3分の1は市の職員だが、市民、職員の区別なく一緒に活動している。主体的まちづくり活動のコア組織である。

 講演会、まちづくり講座の開催、湯布院や直入町との交流、さらに多様なイベント開催、連携・交流事業など実践的まちづくり活動を続けている。
 
 2000円の年会費の他に20万円弱の市の補助金があるだけ、金がないならアイデアと人の力でやるしかない。2004年開催の全国街道交流会議上山大会では、そばを蒔き、ひまわりの花で迷路を作った。参加者をそばの花で歓迎し、おいしいそばを食べてもらった。手づくりのもてなしが好評だった。







武家屋敷通り整備事業

 武家屋敷4軒が連なり2つの温泉街を結ぶ通りを、地域住民のアイデアを活かし美装化、再整備を行った。電柱と電線をできるだけ撤去し武家屋敷の石垣を引き立たせ、里山から流れる清流を見せる工夫をした。この整備事業をきっかけに住民の意識が高まり、清掃活動や花いっぱい運動などにつなっがっていった。浴衣の合うまちづくりをめざした数々の工夫と事業は、まちを訪れる観光客に喜ばれている。


城下町再生志士隊の活動

 まちの景観をよくしようと集まった19人のボランテイアが城下町再生志士隊を結成。武家屋敷通りの入口にあるホテルの壁をきれいにしようと、志士隊のアイデアと労力を出し合った。1年後の2006年3月に、改築する体育館の古材を使い作った30メートルの黒い板塀「土門黒塀」が完成した。

 ホテルはもとより、大工業、塗装業、建具業などの専門家、まちづくり塾や多くの市民の協力を得た。板塀の欄間の部分のデザインは地元の小学生が担当。それぞれの専門分野の力とまちに対する思いが形になった。



視察を終えて

 視察のあと、上山市を出発するACOBAのバスを見送っていただいたのは塾生の枝松議員さんと商工観光課の山口さん。塾の活動は市の職員としての仕事ではない、という山口さんの言葉から上山市の市民と行政の協働のまちづくりが理解できるように思う。「10月には我孫子を訪問し、我孫子市の子育て支援の様子とACOBAの活動を見に行きたい」と枝松さん。まちづくり塾生の皆さんとの再会を楽しみにお待ちしています。



上山市

上山市

雨上がりの武家屋敷通りを散策
武家屋敷と清流と花の美しい通りです。資金不足で電柱撤去が通りの片側だけなのが惜しいです。


上山市



【NPO法】ACOBA_TOP ★あびこのCB★一覧 先進的なCB紹介一覧 CB推進者21名の紹介一覧
 |Copyright (C) 【NPO法人】ACOBA. All Rights Reserved. |