7月例会 我孫子市市民協働推進課小池課長、飯塚課長補佐をお招きして開催

   

・4月に我孫子市市民活動支援課から協働推進課に課名を変更されたのを機会に、ACOBAの7月例会に同課小池課長、飯塚課長補佐をお招きして、名称変更のねらいや市民活動団体への期待等につきお話をうかがい、意見交換をしました。

・課長からは市民活動の歴史を振り返りつつ市の現状を踏まえて、市民とともにより良い我孫子のまちづくりを目指したい。市職員自らが原点に返り、市民と本音での対話を通じて、地域のコーディネーター機能を強化したい旨の熱意溢れるお話しをうかがいました。

・ACOBA会員も時節柄もあり沖縄や横浜等からのZOOMでの参加も含めて、率直な意見交換の機会となりました。ややもすると高齢化、担い手不足等を理由に消極的な取り組みになりがちな昨近ですが、これまでの固定観念や既存の枠組みを超えて、協働推進課との日常的な連携を深め、それぞれの立場で建設的な意見を出し合い、あびこの市民活動の前進に努めたいとの思いを強くしました。