2023年度休眠預金等活用事業-通常枠(3年事業)-ACOBAが資金分配団体に(事業年度は2024年8月~2027年3月迄)

2023年度休眠預金等活用事業  

生きづらさを感じる孤独・孤立社会の生活支援事業

■ 公募概要

社会環境の変化により「孤独・孤立で生きづらさを感じる人がより増加している」という課題に対し、国は「孤独・孤立対策推進法の策定」等、種々支援策を実施していますが、手の届かない分野が垣間見えます。それぞれの地域特性に合わせて、NPO等活動団体との地域連携を図り支援の輪を広げることで、自助・公助併せた安心・安全な暮らしが可能となると考え実行団体を募集します。

■ 本事業について

事業名

生きづらさを感じる孤独・孤立社会の生活支援事業

事業概要

ACOBAが優先的に解決すべき社会の諸課題と考えるのは次のようなものです。

・日常生活や成長に困難を抱える子どもと若者の育成支援

・生きづらさを感じる生活の中で増加する引きこもりや不登校に関する支援

・孤独・孤立や社会的差別の解消に向けた支援

・地域社会に閉ざされた高齢者の生きがい支援

・社会的インフラの変化で生活の利便性が失われた地域の支援

・IT社会に取り残された高齢者や障害が疑われる人への支援

申請団体は、事業を提案するにあたり上記の優先すべき社会の諸課題から取り組む課題を選択してください。また、上記の活動以外で、社会の諸課題の解決において多大な影響や効果が期待され、優先して取り組むべき事項と考えられるものについても、その解決策、事業目標に関する提案が可能です。多くの皆様からのご応募をお待ちしております。

助成事業の目指す成果(中長期アウトカム)

A 居場所が確保されることで、他人との交流や悩みの相談が出来、心身が安定、仲間づくりも可能となる。保護者の安心と地域の安定につながる。

B 不登校プロジェクトの推進で阻害されている子ども・若者の生活と学業支援が一歩前進する。関わっている教師や教育界における不安や負担が軽減される。

C 高齢者グループが結成され、スマホやラインの機器の研修、さらに「声」で呼びかけができるデジタル機器活用で、便利な生活が可能となる。便利で活き活きと生活を過ごす状態になり、その輪が地域に広がる。更に高齢者の見守りも可能となる。

D 高齢者が自治会等地域の活動に参加することで元気になり、その活動で地域の買い物難民の減少や利便性の向上に貢献できている。

1件あたりの助成額:2,000万円~1,000万円(3年間の合計)

※補助率原則80%以下+評価関連経費は助成額の5%以内

採択予定数:5団体

助成期間:2024年8月(予定)~2027年2月

対象となる地域:千葉県東葛地域

対象団体:

法人格の有無や法人の種類は問いません。ただし、事業を適確かつ公正に実施できるようJANPIAが規定するガバナンス・コンプライアンス体制(規程類等)を備えていることが必要です。不足がある場合は、助成開始時に整備していただきます。

公募締め切り 2024年5月31日(金)17時

<公募要領のダウンロード>

●応募説明会 (※どちらかへの出席が必須)

第1回 4月16日(火)9:30~2時間 けやきプラザ(終了)

第2回 4月17日(水)13:00~2時間 オンラインにて(終了)

●個別相談

(1)申込方法

希望日時をメールにてお送りください。担当から連絡させて頂きます。

申込先アドレス:acoba.kyumin@leaf.ocn.ne.jp

問合先電話番号:04-7181-9701

(2)内容

申請予定事業についての相談、申請にあたっての疑問、質問事項などを解消します。申請事業のブラッシュアップにお役立てください。

(3)実施方法

訪問orオンライン(Zoom)にて実施

申請について

  公募期間

  2024年4月15日(月)~2024年5月31日(金)17時

申請方法:

  下記より必要な申請書類をダウンロードし、必要事項を記入の上、メールにてご送付ください。

メール送信先:acoba.kyumin@leaf.ocn.ne.jp

※申請書類を受領後、翌営業日までに受領完了メールを送信いたします。

●募集開始  4月16日(火)~5月31日(金)

●応募締切日 5月31日(金) 17時 メールにて送付

●事前調査  6月中(ACOBA調査メンバーが団体事務所or代表者様ご自宅訪問)

●審査採択決定 7月下旬

●採択決定、書類の確認、契約 8月中

●事業開始 契約後よりスタート

公募要領、書式 ダウンロード
●2023通常枠実行団体用公募要領
PDF

●実行団体向け積算の手引き
PDF

●実行団体公募 申請様式
PDF Word

●団体情報
PDF Excel

●事業計画書
PDF Excel

●資金計画書等
PDF Excel

●役員名簿
PDF Excel

●ガバナンス・コンプライアンス体制現状況確認書
PDF Excel

●自己資金に関する申請書
PDF Word

●コンソーシアムに関する誓約書
PDF Word

特定非営利活動法人 ACOBA

●その他、必要書類

・定款

・登記事項証明書(全部事項証明書)※発行日から3か月以内の写し

・事業報告書(過去3年分*)

・貸借対照表(過去3年分*)

・損益計算書(活動計算書、正味財産増減計算書、収支計算書等)(過去3年分*)

・監事及び会計監査人による監査報告書(過去3年分*)

(過去3年分*=設立から3年未満の団体は提出可能期間分のみ)

お問い合わせ先

NPO法人ACOBA休眠預金事業部 担当:東川、田中、池端

TEL:0471-81-9701(平日9:30~16:30)

E-mail:acoba.kyumin@leaf.ocn.ne.jp

歌声サロン ひばり

歌声サロンで楽しく歌いませんか?
かろやかなピアノ伴奏と懐かしい歌、思い出の歌を楽しく解説を聴
きながらリクエストしたりの2時間は、あっという間に過ぎてしま
うほど楽しいひと時、どうぞご参加ください。


毎月:第2月曜日:1時30分~3時30分(1時から受付)
祭日もあり:1月と8月(休み)

場所:NPO法人ACOBAホール
詳しくはパンフレットご確認下さい。

『車いすバドミントンデモンストレーション&体験会』終了しました。

けやきプラザふれあいホールにて、

東京パラリンピック出場選手・小倉理恵さんと元日本代表選手・大濱真さんをお迎えして、

『車いすバドミントンデモンストレーション&体験会』のイベントを行います。

ご家族、お友達をお誘いの上、お越しください。お待ちしています。

日時:4月6日(土)13:30~16:00(13:00開場)

   けやきプラザ2F・ふれあいホール

参加無料・200名様

お申し込みはいりません。

介護技術スキルアップ講座Ⅱ終了しました!

介護技術スキルアップ講座Ⅱ終了しました!今年度も、介護技術スキルアップ講座Ⅱと題して、11月2日から2月5日にかけて介護講座を5回実施いたしました。参加者は介護職の方を中心に合計134名で、各講座では受講者同士のグループワーク、実技指導、講師同士の対談なども行い、ベテランにも初心者にもすぐに役立つ内容になっていました。受講後のアンケートには「すぐに実践できることは明日からでもやりたい」「座学も参考になったが、実習がとても勉強になりました」「これからの仕事に生かせる学びでした」など意欲的なものが多く、受講された方の意識の高さが感じられました。来年度も介護職のニーズにマッチした講座を計画したいと思います。

〈休眠預金活用事業〉活動報告会開催します。

〈困窮する子供・若者の支援体制整備事業〉活動報告会を開催いたします。東葛地区で展開された子ども・若者の支援に関する1年間の取り組みを知りたい方、団体と繋がりたい方等、個人・団体・企業どの立場の方でもお気軽にご参加ください。

日時 2月23日(祝・金)13:00~17:00 (受付開始12:30~)

会場 けやきプラザ 7階研修室  (我孫子市本町3-1-2 JR我孫子駅南口より徒歩1分)

↓お申し込みはこちらのフォームからお申し込みください。

休眠預金等活用事業とは、10年以上取引のない預金などを社会課題の解決や地域や社会をより良くしていくための事業に活用していく制度です。資金分配団体であるNPO法人ACOBAは今回コロナ禍における子ども・若者の貧困に対する体制整備事業を募集し、8団体に対して助成を行いました。金銭的な貧困にのみならず、体験の貧困にも焦点を当てた多様な事業が1年を通じて実施されてきました。ぜひその軌跡と成果をご覧いただき、次年度以降協働できるパートナーを見つける機会としても本報告会をご活用ください。

2月5日(月)介護技術スキルアップ講座Ⅱ最終日となります。

東葛飾地域に住む介護現場で働いている方を対象とした明日からの仕事に役立つ介護力スキルアップを図る連続講座です。加速する高齢社会の中でますます必要とされる介護職の資質を高めること、また介護職の知識とスキルのレベルアップを図ることを目的とします。認知症ケアの基本と家族への対応をテーマとして、現場で役立つ知識を得る講座を行います。

レンタルオフィスに空きが出ました!(1坪✕2)

ABIKOs 入居者募集中です。

ABIKOs 2階の一坪オフィスに2ブース空きが出ました。
即入室可能です。まずはご見学ください。

 

■ 問い合わせ先
NPO法人 ACOBA 事務局 TEL:04-7181-9701 
お問い合わせフォーム

ふれあいホールにてウィンターコンサート開催!

満員御礼!

たくさんのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございました。

休眠預金等活用事業ニュース

実行団体に国会の議員運営委員会メンバーが視察!
10月19日(木)午後1:30分 実行団体の株式会社Hafenさんに大勢の方が視察
にこられました。議院運営委員会ご担当議員3名及びその秘書、委員会加藤委員長の秘
書4名、内閣府担当官3名、JANPIAから専務理事他2名の方々です。

 株式会社Hafenさん(我孫子市と野田市にミナトスイミングクラブを運営)は2022年
度休眠預金活用事業で「困窮する子ども・若者の学び支援と地域のコミュニティプレス
運営」をテーマに、小学生の学習支援「A-portすくすく学び場」、オンラインツールを利
用して個々に学べる「A-portオンラインクラブ活動」、障害者U―18対象:プライFべー
と運動空間「A-portのびのび遊び場」の3つの事業を実施しています。天王台にこのよ
うな教室が出来ているのは嬉しいですね。短期アウトプットだけでなく、中長期のアウト
カムを期待したいです。

まほろばセミナー開催

長かったコロナパンデミックも終息の様相を呈し、ようやく社会に活気が戻ってまいりましたが、同時に高齢社会では運動不足や外の世界と関わりあいの低下、急変するデジタル社会への対応など身体的、精神的問題が顕在化しつつあります。これから向かうSDGsの時代の中での高齢者の役割や、その支援・介護の在り方について「心の健康」の側面から考える、5回のセミナーを開催いたします。介護の現場で働く、施設の職員の皆様や。介護にご関心をお持ちの方々を対象とさせていただきます。